ドイツの教育費は、大学までほぼ無料。

(その分税率は高く、所得税は約40%。

稼いだ額の半分は税金に持って行かれる感覚ですが。)

 

子どもたちは満6歳で基礎学校に入学し、9年間の義務教育が続きます。

日本と違うところは、4年生(10歳)の時点で、

  • どの上級学校に進学し、
  • どんな資格を取得するのか、

自分の将来の進路を決めなくてはならないこと。

 

卒業資格と職種が密接に結びついているので、

自分の希望する職業に合った進路(上級学校)を選択するのです。

  • 職人や工場労働者を目指す「基幹学校」
  • 民間企業の一般事務職や下級・中級公務員になるための「実技学校」
  • 大学に進学するための「ギムナジウム」

 

日本のように、とりあえず大学に行って、

就職活動の時に職業を考えるなんてことはなく、

将来働きたい分野を見すえて、それにあった教育を合理的に選択することができる。

 

もちろん、進路を変更しようと思ったら、学校に入り直したり方法はいろいろ。

 

どちらの国の制度が良いのかは別として、

親の収入にかかわらず、子どもが自分の将来に必要な教育を選択できる点は、羨ましく思います。

 

ハンブルグの街を歩いていたら、こんな公園を見ることが。

 

住宅が集まるコミュニティがあると、

そこには公園が。

森のような景観にも合っていて、いいな〜♪

なんて歩いていると、近くに小学校があるのだとか。

 

「これ、小学校の校庭?」

いまいちピンとこないので聞いてみると、

「小学生も遊ぶし、近所の子や誰でも遊べる公園かな?」

 

私がイメージする学校は、

がっしりした校門があり、塀でぐるりと囲まれた日本の学校。

どうやら、学校だけでなく、街づくりの点から日本とは大きく違うようです。

 

日本の不登校の子どもの話を聞くと、ドイツ人は、

「警察は迎えに来ないの?」

と不思議そうに聞いてくるらしい。

 

大学までの学費は国が負担するからなのか、

学校へ連れて行くのは親でも先生でもなく、警察のお仕事らしい。

それを聞いたうちの娘たちは固まっていた。

「日本でよかった…」とつぶやきながら。

 

連れてきてもらったのは、ハンブルグ大学。

塀に囲われた中に大学があるわけではなく。

「この碑より奥には、大学の建物が多いかなぁ〜」

という、曖昧な感じが新鮮です。

 

 

大学の建物は、アカデミックな雰囲気が漂います。

 

今は緑の樹木の並木道ですが、

秋は黄色に輝く並木道に変身するんでしょうね。

 

大きな木々に囲まれたハンブルグ大学周辺には、

ホテルやレストラン、郵便局やスーパー、一般の住宅があります。

 

こちらは、ホテル。

 

こちらは、一般住宅。

 

ラプンツェルが出てきそうな、ツタのからまるこの塔は、郵便局。

秋になると真っ赤に紅葉し、それはそれは美しいそうですよ。

 

ポストの色は、赤ではなく黄色。

 

ハンブルグ大学の地図がありました。

普通の街の中に、大学の建物が建っているので、

色のついた建物が、ハンブルグ大学という感じでしょうか?

 

学生食堂にも連れて行ってもらいました。

学生じゃないのに…と、ドキドキしながら食堂にむかったおばちゃん…。

学生食堂といっても、周辺に住む方も利用出来る食堂です。

そのためか、学食の価格は、「学生価格」と「一般価格」の2種類の表示がありました。

これは、ハンブルグではよく食べるというデザート。

煮詰めたチェリーを肉まんの生地で包み、アップルソースとシナモンをかけたという感じのもの。

初めて見るデザートでしたが、優しい味で美味しかったです♪

 

学生は、学生証を見せれば市内交通は無料で利用でき、

食堂も学生料金で利用出来るなど、優遇されています。

 

いろんなお話を聞きながら歩いていると、

道の脇にバッチフラワーエッセンスにも使われている、

ワイルドローズの花が咲いていました。

可愛い〜♥

大学のこの辺りから、なんとな〜く植物園が続いているらしい。

 

可愛いロボコンのようなゴミ箱を発見!

(ロボコンってわかるかしら?)

 

歩いてホテルに帰りながら、しみじみ考えました。

 

 

教育費無料かぁ…魅力的。

日本のように、どれだけ教育費がかかるかわからない不安を抱えるよりも、

税金を支払った分ちゃんと教育に予算を割いてもらえる方が、

親としては安心。

でも、お給料の半分ないと思ったら…複雑。

倹約家のドイツ人の暮らしを見習えばいいのかなぁ?

 

うちの娘たちは10歳の時点で、

選択できるのだろうか?

私は、親としてその子にふさわしいアドバイスをしてやれるのだろうか?

 

将来なりたいものを決められないまま、

試験の点数や成績に追いかけられ、

山のような宿題を抱えて夏休みを迎えた子ども達よ。

少し立ち止まって荷物を降ろし、じっくり考える時間を持ってみようではないか。

 

でも、大学受験がないので受験勉強もないこと、

夏休みのような長期休暇に宿題がないことを聞いたら、

うらやましがるに違いない。

 

■広島三越カリス成城・癒しフェア■
□ワークショップを開催します
8/3(木)「暮らしの中でステキな写真を楽しむハッピーフォトレッスン」
8/4(金)「学びっぱなしにならないノート術」
詳細はこちら
ご予約&お申し込みは、カリス成城・広島三越店まで
TEL:082−244−8889

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村