ハンブルグの街は、歴史を感じる建物と、

近代的な建物とが調和して混在する美しい街。

どちらを見てみたい?と言われると、やはり歴史を感じる建物。

 

この美しい建物は、街の中心部にある市庁舎(Rathaus)

13世紀に、エルベ川の支流アルスター湖をせき止めて作った、

アルスター湖のほとりに立つこの建物は、

19世紀末に完成したネオ・ルネッサンス様式の建物。

部屋数は、なんとバッキンガム宮殿よりも6室多い647室!

 

入り口には、ハンブルグの街の紋章がありました。

この立派な建物は、

王様が住んでいる宮殿ではなく、

ハンブルグ州議会の議事堂というから驚きです。

 

重厚な門を開けて中に足を踏み入れると、

 

ベンチでゆっくりと休憩することができる、

静かな落ち着いた空間が広がっていました。

 

もっとゆっくりしたい方には、地下にレストランもありますよ!

 

市庁舎(Rathaus)の周辺は、

高級デパートや、高級ブランドが軒を連ねるショッピングアーケード街です。

 

街を眺めてみたい時は、高いところに登ってみたくなるもの。

てくてく散歩しながら、聖ミヒャエル教会(St.Michaeilskirche)向かいます。

聖ミヒャエル教会(St.Michaeilskirche)は、

「ミヒャエル」という愛称で親しまれているプロテスタントの教会。

バロック様式の建物の中。

ひんやりとした空気が、心を落ち着かせてくれます。

観光スポットではありますが、

街の方にとっては大切な祈りの場です。

 

塔にはエレベーターがあるので、展望台へ登ってみましょう。

展望台からの眺めは、360°大パノラマ!

街の中なのに、緑がたくさん広がる気持ちの良い風景♪

こちらの眺めは、今の近代的な港街。

ドイツ最大の湾岸都市ハンブルグです。

コンテナにクレーン、風力発電の施設も広がっていますね。

その隣に目を移すと、古い趣のある港町が見えてきます。

赤レンガの倉庫街が見えますね。

さて、これからこの倉庫街に行ってみましょう!

 

 

地下鉄に乗って、バウムヴァル駅(Baumwall)でおりると、倉庫街が目の前に広がります。

 

 

少し歩くと、G20の会場にもなったエイプフィルハーモニー(Elbphilharmonie)が見えてきました。

 

 

赤レンガの倉庫街の建物に、ゴールドの文字。

どっしりとした重厚な雰囲気が漂います。

 

 

街角には、あれっ?ミニオンズ?!

 

 

目的地は、焙煎所が併設された本格的なコーヒショップ、

シュパイヒャーシュタット・カフェーレステライ(Speicherstadt Kaffeerösterei)。

 

大人気のお店なので、長蛇の列!

残念ですが、ここでコーヒーを飲むのはあきらめて、

となりのショップでコーヒー豆を買って帰ることに。

 

 

ハンブルグは、コーヒー豆の取り扱い高世界第2位。

昔は、荷物を積んだ船がこの運河をたくさん通っていたんでしょうね。

 

 

倉庫街の前のエルベ川には、風情のある船がたくさんとまっています。

 

さてさて、日も暮れてきたので、

地下鉄に乗ってホテルに帰りましょうか。

そして、ゆっくりとコーヒーを楽しむことに♪

自分で入れるコーヒーも美味しいけれど、

誰かが入れてくれるコーヒーは、格別の味がします。

ありがとう♡

 

■秋のバッチフラワーエッセンス初級セミナー■
○日 程:
 1回目 2017年 9月26日(火) 10:30〜13:30
 2回目 2017年 10月10日(火) 10:30〜13:30
○ 会 場: Gallery1/1(ギャラリーイチブンノイチ)
広島市中区小町1−1木村ビル3F
詳細・お申し込みはこちら

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村