【いやす】

もうずっと寒いのかも…

なんて寒さに震えていたのに、

お雛さまを飾ると、だんだん暖かくなってくるような気がして、

ちょっとホッとしています。

 

リビングには、いつもの博多人形のお雛さまと

 

一刀彫のお雛さまを飾って楽しんでいます。

 

どちらもコンパクトで可愛いのですが、

我が家では、もっとちいさなお雛さまを飾るのも楽しみのひとつ♪

 

ちいさなお雛さまをステキに飾るコツ

 

こちらは、出産のお祝いにいただいた「たち吉」の陶器のお雛さま。

このままでも充分可愛いのですが、

アイテムを足すと、もっとステキに変身するんですよ!

 

この時期、デパートの和食器売り場や手芸用品屋さんのぞいてみてください。

ちいさなお雛さまの道具が並べられているんですよ。

ぼんぼりと、桃&橘をプラスするだけで、ちょっと華やかに変身!

 

 

お雛さまの土台を、グレードアップ!

鏡のプレートを敷き、その上に黒い台をのせて、お雛さまを飾ってみましょう。

モダンで華やかなお雛さまにグレードアップ

 

 

先ほどの鏡のプレートを、金のお皿に取り替えてみましょう。

黒にゴールドが加わるだけで、雰囲気が一気に華やかに変わりますね。

このゴールドのお皿は、実は金色のプラスチックのお皿。

クリスマスやお正月の時期のパーティー用によく出回るお皿なんです。

 

 

生花と一緒に飾ると、

あたりがパーっと明るくなり、春の雰囲気に包まれます。

 

もう一つのちいさなお雛さまは、

娘が生まれたとき、オーブン粘土で作ったちいさなちいさなお雛さま。

 

 

うずらの卵くらいのちいさなちいさなお雛さま。

そのままでもかわいいのですが、

ちいさいだけに、ちょっとさみしい感じも。

少しだけ手を加えて、華やかにしてあげましょう。

 

 

銀色の茶托の上に、ガラスの豆皿を重ねて飾ってみる。

キラキラと光が反射してキレイに見えるんです。

ダイニングテーブルに飾れば、

食事やティータイムの会話も弾みますね♪

 

 

「ちいさなガラスの豆皿」と「木のトレー」を重ねた上に、お雛さまを飾るだけ。

カジュアルであたたかな雰囲気に包まれます。

玄関先のちいさなスペースに飾ると、

「いらっしゃい!」

と優しく迎えてもらえるような気がします。

 

 

鏡のプレートの上に、黒いガラスのうつわを重ねてみると、

少しモダンなイメージになりますね。

優しい色の造花と蝶々をプラスすると、優しい雰囲気が加わります。

 

 

春のお便りをいただいたら、

屏風の代わりに一緒に飾っても素敵です。

お雛さまの色と合わせた造花も飾ると、

暖かな春の空気に包まれます。

 

お雛さまを飾るって、空間も気持ちの華やいでいいですね。

少しの間、優しい母になれそうな気が…

 

■バッチフラワーエッセンス初級セミナー■
次回のバッチフラワーエッセンス初級セミナーは、4月開講予定です。
日程が決まりましたら、HP&BLOGにてご案内いたします。
詳細・お申し込みはこちら

■バッチフラワーエッセンスのコンサルティング■
【日程】毎週火・水
【時 間】 午前10:00〜11:30(90分)、午後13:00〜14:30(90分)
他の曜日をご希望の場合は日にちを調整いたしますので、ご希望の日を第3希望までおしらせください。詳細・お申し込みはこちら

■ライフオーガナイズセミナー■
リクエストをいただきましたら開催いたします。
詳細・お申し込みはこちら

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村