【ととのえる】

初めて雑誌で目にしたフラワーエッセンス。

気になって仕方なくなった私は、

記事の中で紹介されていた本を入手し、

娘をを寝付かせた夜、毎晩読み込みました。

 

最初に読んだフラワーエッセンスの本

 

『バッチの花療法 その理論と実際』

メヒトルト・シェファー著 /フレグランスジャーナル社

 

バッチフラワーエッセンスは、全部で38種。

病気はまず感情のアンバランスから始まるものとしたバッチ博士は、

この38種のフラワーエッセンスを使って病気の治療を行っていたそうです。

 

38種の植物について、詳しく書かれたこの本を読んでいると、

  • 「これ、まるで私だわ。」
  • 「フルタイムで仕事してたときの私は、このタイプだったな。」
  • 「この状態だった学生時代に知ってたら、あんなにしんどい思いはしなかったのに…」

と自分のことを振り返ったってみたり、

  • 「近寄りにくい時のオットはこんな感じだけど、こんな心の状態なのね。」
  • 「うちの母、まさにこのタイプだわ。」
  • 「手に負えない娘のトリセツを読んでるみたい。」

なんて家族の姿が浮かぶことも。

 

読めば読むほど興味が湧き、

イギリスやドイツで行われているようなコンサルを受けて、

私にぴったりなフラワーエッセンスを選んでもらいたくなりました。

当時、広島では受けられるところがなかったので、

東京方面へ出かける機会に探してみることに♪

 

バッチフラワーエッセンスを扱うお店に行ってみる

 

結婚のお祝いで上京し、完成したばかりの安藤忠雄さんの建築「表参道ヒルズ」を見学しに行った時のこと。

コンサルを受けられるサロンの予約をしてみたのですが、日程が合わず断念…。

当時2歳の娘を連れていたので、表参道のクレヨンハウス本店へ立ち寄りました。

女2人で、おもちゃ売り場や絵本売り場を堪能し、

バッチフラワーエッセンスのコーナーへ足を運ぶと、

そこには、ネルソン社のバッチフラワーエッセンスが店頭に並んでいました。

 

英国のフラワーエッセンスの保存料にはブランデーが使われていますが、

当時、ネルソン社の日本向けの保存料は酒税法の関係で、ビネガータイプでした。

(湿度の高い日本では、ビネガーの品質が不安定になることもあるということでグリセリンタイプに切り替わると案内が出た頃だった記憶があります。)

  • 「英国と同じものがいいなぁ…」
  • 「誰かにアドバイスをもらいながら選べたらなぁ…」

という思いもあり、選べないままお店を後に…

 

 

その後、娘と表参道のニールズヤードへ。

美味しいランチをいただき、店舗を覗いてみると、

雑誌で見たのと同じ「ヒーリングハーブス社」のフラワーエッセンスを発見!

必要なボトルの販売だけでコンサルを受けることはできなかったのですが、

「大好きなニールズヤードで、フラワーエッセンスを扱っている」

それがわかった嬉しい瞬間でした。

 

広島でバッチフラワーエッセンスに出会う

 

東京まで足を運んだのに、私にぴったりのものを選んで帰ることができず気落ちしていた私。

ハーブティが切れたので、ふらりと立ち寄った広島三越のカリス成城広島店さんで、

バッチフラワーエッセンスと再び出会いました。

 

しかも、翌週バッチフラワーエッセンスのフェアが開催される時だけ、

特別に簡易コンサルを受けることができることが判明!

「広島で、私にあったボトルを選んでもらえるなんて♪」

ウキウキしたまま、お店を後に。

 

次回は、はじめてフラワーエッセンスの効果を実感したときのことををご紹介しますね。

 

■バッチフラワーエッセンス初級セミナー■
フラワーエッセンスの考え方や作り方を植物のスライドを見ながら、楽しく学べます。
自分や家族のフラワーエッセンスを選び、生活の中で活用できる知識が身につきます。
□カリキュラム全2回クラス/(3時間×2回)
1回目 4/18(水) 10:00〜13:00
2回目 5/16(水) 10:00〜13:00
詳細・お申し込みはこちら

■バッチフラワーエッセンスのコンサルティング■
【日程】毎週火・水
【時 間】 午前10:00〜11:30(90分)、午後13:00〜14:30(90分)
他の曜日をご希望の場合は日にちを調整いたしますので、ご希望の日を第3希望までおしらせください。詳細・お申し込みはこちら

■ライフオーガナイズセミナー■
リクエストをいただきましたら開催いたします。
詳細・お申し込みはこちら

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村