【ととのえる】

今日は十三夜。

秋のこの時期は、9月の十五夜から、月を見上げる時間がいつもより自然と増えます。

 

お月さまを見上げる時、いつも思い出すこと。

それは、まだ寝る前にこんな絵本を読んでいた、娘が2歳の頃のこと。

 

大好きだったお月さまを見て、突然

「こわーい!カーテン閉めて!!」

と泣いてしがみついてくるようになった時期がありました。

 

理由もわからないまま、

おびえて怖がる娘のためにカーテンを閉め、

お月さまが見えないように気をつけて過ごす毎日。

 

いつもと違うことといえば、

オットが1週間だけ入院することになり、

その間、私と娘の2人だけの暮らしとなったことくらいです。

 

退院してからも、お月さまにおびえるような怖がり方は続き、

どうしたものかと悩んでいた頃、

バランスを崩した心を優しく整える、

「バッチフラワーエッセンス」を試してみることにしました。

 

お月さまを怖がる娘に選んだのは、

「原因や対象ががはっきりある恐れ」に勇気と強さを与えてくれる

ミムラス(Mimulus)というバッチフラワーエッセンス。

夕方、お水を入れたコップに1滴だけ入れて飲んだ娘は、

いつものようにリビングで遊んでいました。

 

ミムラス Mimulus

 

夜になり、夫が帰宅すると、

娘は「おかえりー!」と玄関に飛んで行き、

「お父さん、見て見て!今日まんまるのお月さまなんよ!!」

と、オットの手を引いて、ベランダへと連れて行くのです。

 

 

それ以来、お月さまを怖がることは無くなりました。

「純粋な子どもには効きやすい」と聞いたことはありました。

でも、こんなに急に変わるなんて…

と、オットと2人でビックリしたことを覚えています。

 

幼稚園に入りおしゃべりが上手になった4歳の頃、

その時のことを娘に聞いてみたら、

こんな風に話してくれました。

 

「あの時はね、

お父さんがおうちから急にいなくなって、

さびしいなぁ…って思ってお月さまを見てたら、

お月さまが私のことをじーっと見てる気がして。

お月さまがお父さんを連れてったんだ!

こんどはお母さんも連れてって、私ひとりぼっちになっちゃうんだ!

と思って怖かったの。」

 

 

見る側の気持ちによって、

優しく微笑むようにも、

悪いことを企んでいるようにも、

お月さまは見えるんですね。

 

月を見上げるたびに、いつもこんなことを思い出すのです。

 

 

■バッチフラワーエッセンス初級セミナー■
フラワーエッセンスがどんな風に作られ、どんな風に使うのか、わかりやすく楽しく学べます。
自分や家族のフラワーエッセンスを選び、生活の中で活用できる知識が身につきます。
□カリキュラム全2回クラス/(3時間×2回)
1回目 11/13(火) 10:00〜13:00
2回目 12/11(火) 10:00〜13:00
詳細・お申し込みはこちら

■バッチフラワーエッセンスのコンサルティング■
【日 程】 毎週火・水
【時 間】 午前10:00〜11:30(90分)、午後13:00〜14:30(90分)
他の曜日をご希望の場合は日にちを調整いたしますので、ご希望の日を第3希望までおしらせください。詳細・お申し込みはこちら

■ライフオーガナイズセミナー■
リクエストをいただきましたら開催いたします。
詳細・お申し込みはこちら

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村