【2019HHイギリス研修をふりかえる②】バッチ博士が生きた時間に触れるバッチセンター

 ロンドンからバッチセンターへ向かう

ロンドンに着いた翌日、

パディンドン駅から列車に乗ってオックスフォード駅へ向かい、

バッチセンターを目指します。

 

オックスフォードはハリーポッターの映画で撮影された図書館が大人気で、

当時の街には、学生と世界中からの観光客でごった返していました。

 

でもそこは通り抜け…

レンタカーを借りて、バッチ博士が実際に患者さんを診ていた診療所へ向かいます。

 

そこは今、Bach Center バッチセンターと呼ばれ、

博物館のように誰でも見学することができるようになっています。

絵本『小さいおうち』のような外観の、

この可愛い建物が Bach Center バッチセンター

 

 

バッチセンターの中は、当時の様子を感じる空間

バッチセンターの中に入ってみると、

1階は、バッチ博士が診療していた当時の様子を見ることができます。

 

 

バッチ博士はここに座って、患者さんの隣でゆっくりとお話を聞いていたのでしょうね。

(いや、せっかちな方だったから、ゆっくりではなかったのかも…?)

 

部屋の中にあるタイプライターは、バッチ博士が手紙や論文に使ったのでしょうかね。

 

レメディを作るための道具や、マザーティンクチャー(母液)の保存瓶も大切に飾られていました。

 

この部屋にある家具は、バッチ博士自身が作ったものだそうです。

 

2階に上がると、光があふれる気持ちの良い空間が広がります。

 

ここでは、バッチ博士が亡くなられた後、

バッチセンターでレメディ作りを守り続けた

アシスタントのノラ・ウィークスさんの遺品など、

珍しい資料を見ることができました。

 

 

窓辺にあるこの道具を使って、

レメディを発送していたのかなぁ。

 

 

バッチフラワーが咲き誇るフラワーガーデン

バッチセンターのお庭には、

バッチフラワーたくさん植えられていて、

訪れた時はまさに満開の時期でした!

 

左上から時計回りに

チコリー、ハニーサックル、ワイルドローズ、アグリモニー。

 

クラブアップル、ウォールナット、ワイルドオート、クレマチス。

 

ミムラス、ホリー、セラトー、ウォーターヴァイオレット。

 

日本では見ることのできない植物もあるので、

普段見ることのできない花たちを、

間近に見ることができる本当に幸せな時間♡

 

バッチセンターを堪能した後は、周辺の散策へ出かけます♪

 

 

 

 

 

 

Follow me!