【2019HHイギリス研修をふりかえる④】ヒーリングハーブス社を目指して

ソットウェルの滞在

ソットウェルでは、静かな川辺のホテルShillingford Bridge Hotelに一泊しました。

ホテルの前に広がる景色は、静かで美しい。

 

景色ののどかさとは裏腹に、

橋の上は交通量も多く、ものすごいスピードで車が走り抜けて行きます。

前日にバッチセンターの近くの森へも足を運びましたが、

散歩道のそばに高速道路が出来ていたりと、

昔とは随分環境が変わってきているようですね。

 

このホテルのレストランの食事は、とっても美味しかったです♪

夜はイギリス名物のフィッシュ&チップスや、

新鮮なお魚やポークなど、皆さん歓声をあげながら頂いていました。

 

翌日、朝食を終えたら3台のレンタカーでクリックハウエルを目指します。

イギリスの車は日本と同じ右ハンドル・左通行、高速道路は無料なので、

海外で車に乗るには比較的運転しやすい方なのでしょうが…

 

時速100㎞超でトラックに煽られながら走る状況にビビり、

日本にはないラウンドアバウト(円形交差点)にも戸惑い、

私はナビ役に徹しました(汗)

 

ただひたすら緑の景色と地図を見ながら、ウェールズ方面へ向かって走ること3時間。

アスク川にかかる石橋を通り、やっとクリックハウエルの街に到着です。

 

クリックハウエルの街に到着

車を降りた瞬間感じたことは、

「空気がきれい!」

「とにかく気持ちいい!!」

身体が元気になる気がしました。

 

 

クリックハウエルには、ホテルが2軒だけ。

今回泊まったのは、綺麗なお花が満開のDragon Inn

想像していた以上の素敵なホテルで、着いた早々胸が踊ります♪

 

 

 

部屋の設備は最新式。

インテリアのセンスも良く、

中庭にはフレッシュハーブが生き生きとしていました。

 

 

しかも食事は、何を食べても美味しい♡

 

あっ、脱線してしまいました…

 

ホテルに荷物を降ろして、腹ごしらへをしたら、

また車に乗り込み、目的の場所ヒーリングハーブス社へ向かいます。

 

ヒーリングハーブ社に訪問

 

クリックハウエルからアヴェカベニーの街を通って約30分。

ヒーリングハーブス社は、

雪壁のような緑の壁に囲まれた細い緩やかな上り坂を

(対向車が来ませんように!と祈りながら…)

ひたすた登り続けた所にあります。

 

 

このみどり色の建物が、ヒーリングハーブス社の正面玄関。

ブレコン・ビーコンズ国立公園に隣接し、自然が保護されているエリアです。

 

ヒーリングハーブス社の周りには、

たくさんのバッチフラワーが植えられています。

この植物はフラワーエッセンスを作るために植えられているのではなく、

野生の植物が満開を迎える時期を知るために植えられています。

 

 

それにしても、植物たちの元気なこと!

バッチセンターで目にしたアグリモニーとは、

大きさも勢いも違うことに驚きました!!

 

 

こちらはレクチャールーム。

暖かいハーブティとお菓子で、迎えてくださいました。

明日はここで終日ジュリアンのレクチャーです♪

 

ヒーリング・ハーブス社のスタッフの方に、

アスク川周辺と、他にも見るべきスポットを色々教えていただき、

まずは、バッチ博士が最初のフラワーエッセンスを見つけた「アスク川」へ向かうことに。

 

 

またまた緑壁の道を通って…

(対向車が来ないことを祈りながら…)

次回は、アスク川周辺と植物についてご紹介します。

Follow me!