【つくる】

朝晩冷え込んでくると、コトコト煮込んだあったかい料理が食べたくなる。

煮込み料理は、部屋の中にあったかい幸せな空気を運んでくる気がするから。

でも、長時間煮込む時、気になるのは光熱費。

火にかける時間を短くできて、しかもお鍋の中にじっくり火が通ると嬉しいなぁ♡

 

それが叶うエコなお料理が、保温調理の「鍋帽子」。

以前ご近所で開催された「広島友の会」の皆様による防災講習で知ってからというもの、

毎日の台所仕事に「鍋帽子」が手放せなくなっております

光熱費を抑えながらエコに、

しかもじっくりと味が染み込んで、簡単に美味しくお料理できるのですから♪

 

 

例えば鶏ハム。

お鍋に材料をセットして、沸騰してから8分ほど火にかけ、鍋帽子に。

30分後には、こんな感じでもう出来上がり!

 

スライスしてお皿に並べたら、メインディッシュが一品出来上がり。

サンドイッチにしても美味しいので、週末に作っておくと助かる一品に♪

 

先日、重ね煮のお料理を知って、毎日の料理がほんとうにラクになったので、

「食べきったらまた作る」を繰り返しています。

食欲の秋・ラクして美味しい「重ね煮」料理♪

 

本当は1時間コトコト煮込むのですが、

その重ね煮も、鍋帽子を使ってみるとこれまたいい感じ♪

20分火にかけた後、火からおろして鍋帽子でじっくり仕上げると、野菜の甘〜い香りが漂います♪

 

 

ゆで卵は、沸騰後、すぐに鍋帽子に入れて7分待つだけで固ゆで卵の出来上がり。

夏の暑い時期に、暑い台所にいるのは辛いものですが、

鍋帽子のおかげでコンロの火を使う時間が短くできるので、

この夏は本当に助かりました。

 

災害などの非常時、カセットコンロで調理する時は、

鍋帽子で調理時間を短くできると安心ですよね。

 

鍋帽子の作り方

 

鍋帽子の使い方や作り方は、こちらの本に詳しく載っています。

『魔法の鍋帽子 かぶせておくだけ!ふっくら保温調理』婦人の友社

 

防災講習で一つ作ることができたのですが、

もうひとつあったらもっと便利だわ!と思い、

帰ってからまたせっせとソーイング♪

 

表生地と裏生地をカットして、それぞれ縫い合わせます。

 

綿の入れ方は、本の作り方を読んだだけでは、

ちょっとわかりにくいかもしれません。

防災講習で教えてもらった通りやってみると、

綿の厚さが均一になって、きれいに仕上がりました。

 

 

綿を入れた後、入れ口をきれいに縫い閉じると完成!

 

作るのが苦手な方は、購入もできるようです。

「私がひとり暮らしするときには、作ってね〜!」

という、ちょっと気がはやい娘たち。

でもこれ持ってたら、ちゃんと自炊してくれそうな気がするわ(^^)

 

■バッチフラワーエッセンス初級セミナー■
フラワーエッセンスの考え方や作り方を植物のスライドを見ながら、楽しく学べます。
自分や家族のフラワーエッセンスを選び、生活の中で活用できる知識が身につきます。
□カリキュラム全2回クラス/(3時間×2回)
1回目 11/13(火) 10:00〜13:00
2回目 12/11(火) 10:00〜13:00
詳細・お申し込みはこちら

■バッチフラワーエッセンスのコンサルティング■
【日 程】 毎週火・水
【時 間】 午前10:00〜11:30(90分)、午後13:00〜14:30(90分)
他の曜日をご希望の場合は日にちを調整いたしますので、ご希望の日を第3希望までおしらせください。詳細・お申し込みはこちら

■ライフオーガナイズセミナー■
リクエストをいただきましたら開催いたします。
詳細・お申し込みはこちら

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村