【2019HHイギリス研修をふりかえる①】バッチフラワーエッセンスの旅のはじまり

Googleフォトに2年前の今日が上がってきたのを見て、

「もう2年も経つんだ…」とちょっとため息が出てしまいました。

昨年同じメッセージが表示されたときは、

「来年はもう少し落ち着いているだろう…」

と楽観的に考えていたからかもしれません。

 

コロナ禍でバッチフラワーエッセンスのご相談が増え、

イギリス研修での経験を思い返しながら過ごす時間も増えました。

まだ頭の中が整理されていなかった2年前の状態より、

今の方が旅の意味がよく見えるような気がします。

 

また来たいね♪なんてあの頃は気軽に話していたけれど、

飛行機に乗って旅をすることが、こんなに大変なことになってしまった今

「時間ができたらブログに書こう」と思ってそのままになっていた

ヒーリングハーブス・イギリス研修の旅の様子を、

自分のためにも書いておこうと思います。

 

バッチフラワーエッセンスの旅のはじまり

「パディントン駅集合ね!」と言われて、

あわてて航空券を予約してロンドンに降り立ったのが、

2019年6月24日。ちょうど2年前の今ごろです。

 

空港からヒースローエクスプレスに乗り、

駅にあるパディントン像に会えたときは、正直ホッとしました。

 

 

6月の終わりのロンドン街は花盛り!

綿毛のようなポプラの花がフワフワ飛んで、

散歩していると花も目もムズムズ痒かったです。

 

 

ハイドパーク近くの高級住宅街のホワイトチェストナットの街路樹は、

気のせいか広島の樹よりもエレガントに見えました。

 

 

その近くを学生が馬に乗ってパカパカ走って行ったりして、

散歩してもいい気分♪

 

 

こじんまりとしたホテルに戻り、最上階の小部屋で、

初めてフラワーエッセンスに出会ったことのことを思い出しながら、一晩を過ごしたのでした。

 

 

バッチフラワーエッセンスとの出会い

私が初めてフラワーエッセンスと出会ったのは、

高校生の長女が、まだねんねの赤ちゃんだったころ。

ファッション雑誌の癒しの特集の眺めていた時、

誌面いっぱいに広がるウェールズの景色と花の写真に魅せられました。

 

 

こんな写真だったと思います。

 

それから独学で学びながら、

不思議なご縁でヒーリングハーブスのフラワーエッセンスに辿り着きました。

 

 

不安な出来事や、子どもの病気、突然の家事や事故。

身の回りで何か起こるたびにフラワーエッセンスを手に取り、

気がつくとフラワーエッセンスが暮らしの中に自然と溶け込んでいました

 

私はいつもフラワーエッセンスを使うこちら側。

いつか、フラワーエッセンスを作っている向こう側を見てみたい♪

半分夢のような気持ちで思っていましたが、

明日その夢が叶うんだなぁ〜

 

そんなことを思いながら、

ひとり部屋の窓から外の景色を眺める旅の初日でした。

 

翌日は、バッチ博士が診療していた、ソットウェルにあるバッチセンターに向かいます♪

Follow me!